50歳代、女性

 

施術内容

施術開始

患者様と施術者の相談の上、アクティベータメソッド+PCRT(心身条件反射療法{コーチング要素介入})の施術に決定しました。

アクティベータメソッド

足元からベーシックを行いました。

PCRT(心身条件反射療法)
  • 症状イメージ陽性反応
  • 腰部物理的刺激で陽性反応
  • 不安で陽性反応

機能評価では

  • 筋骨格系
  • 自律神経系
  • メンタル系

が陽性反応を示しました。

アクティベータメソッドによる末梢神経の神経関節機能障害の除去に加え、脳幹脊髄系(姿勢との関係性)に関係する事が深い部分で意味記憶(思い込み)となり、脳が不安定になるスイッチがオンする脳の誤作動記憶に気付き、施術後の症状スケールは半分以下(10→2)となり、腰痛の症状イメージはこの一回の施術で陰性に変化し、不安のスケールは(7→5)になり、大変喜ばれていました。

時間制限のため、不安のスケールの深い部分は次回診る事にしました。

姿勢の思い込みは「テレビを見る時に横向きで猫背姿勢をしながら見る」でした。一般的に猫背は首の痛みや腰痛を引き起こす、だから私は治らないという一般常識に囚われた意味記憶(思い込み)がとても強かった事が治る力にブレーキを無意識にかけていいた症例です。

この不調を招く意味記憶を、不調にならない健康なパターンに記憶を書き換えて陽性反応が陰性になりました。

臨床に携わっていると、一般常識や医師、治療家の言葉によって、患者様の治る力を妨害しているケースが多く見受けられます。

姿勢は重力的ストレスに分類されますが、過敏反応は不健康への入り口です。

当院の詳しい施術内容の説明はこちらをご覧ください。

1908